FC2ブログ

RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

[掌編]わたしとあなた

2013.03.16 Sat [Edit]

Emo Cat is Lonely
Emo Cat is Lonely / alan.stoddard



私にとって、あなたは憧れの人でした。
2つ年上のあなたは、いつでも、私から見れば遠く前を進む、憧れの人でした。

いつか、あなたのようになりたい、と。

優しく微笑んでくれるあなたを、追いかける日々でした。

ずっと、ずっと。
あなたと「姉妹」であれたことを、嬉しく思っていました。

お姉さん。
姉さん。

大好きだったのに。

どうして。






目の前で、あなたが泣いている。
ごめんなさい、ごめんなさい、と、ただひたすらに繰り返して。
床に座り込んで、涙を流しながら。

それを慰めるように、あなたの隣に座る男が背を撫でながら、同じように、すまない、すまない、と、言葉を繰り返す。

ねえ、姉さん。
一体、なにが起こっているの。

その男の人は、私の婚約者じゃなかったの。
私の、恋人じゃなかったの。

どうして、そちらにいるの?

どうして、泣いているの?

……母さん、なぜ、許してやって、なんて、いうの。

なにを、許すの?

お腹に触るから、って、なに。

ねえ、なんなの。

誰か、答えをちょうだい。

青ざめ立ち尽くす私はどうすればいいの。


視界が薄れていく。

みなが、姉さんを心配してる。

私に、誰も気づかない。

ああ。

薄れていく意識の中、泣き続ける姉さんと、それを支える周りの人だけが、目に残る。

――もう、いらない。しらない。

誰も、助けてくれない。



私と婚約者の彼は、幼馴染だった。
ずっと仲良くて、ずっと一緒だった。

そんなに名家、というわけじゃないけれど、そこそこの家の私たちは、両方の家から認められて、婚約し、そう、私が22になる春には、結婚するはずだった。

あと一年まてば、結婚するはず、だった。

なのに。

いつのまにか、姉と婚約者は、そんな関係になっていたんだろう。
そして、いつのまに、子どもが、できていたんだろう。

おねえちゃんを、ゆるしてあげて。
あなたは、まだわかいから、だいじょうぶよ。
ね、おねえちゃんのしあわせをいのってあげて。

誰かの、声がする。

耳を素通りする、その声は、母のような気がする。

でも。
わかいから、大丈夫って、なんなの。

私の気持ちは、どこに行くの。

愛してる、とか。溺れるほどの愛じゃなかった、けど。

これでも、育んできたものがあったというのに。

部屋の天井をぼんやりと眺める。

ただ、うつろな目で、ぼんやりとながめる。

私が、なにをしたというの。

ちゃんと、あなたがつかまえてなかったからなのよ。
だから、かれのことをわるくいってはだめよ。
おねえちゃんのあかちゃんのためにも。

なぜ。
なぜそんなことを言われるの。

私が、悪かったの?

ただ虚ろに見上げる私に、声がいくつも通りすぎる。

ああ、もう。

どうでもいいような、気がする。

もう、どうでも、いい。


それでも、愛していたのだ、と。
誰もいなくなった部屋で、ぽつり、つぶやいた。



――どういうことです!
――それは、うちの息子が悪いに決まってるでしょう?
――なにをいってるんです、彼女が悪いわけじゃない。

――あなた、それでも、親ですか。

扉の向こうで、怒声が響く。
何かの声。強い声。激しい声。

ぼんやりとしていると、部屋の扉が勢い良く開いた。

「ああ、ごめん、ごめんよ、本当に、ごめん」

だれ。

「おとうとが、ごめん、ああ、君はなにも悪くないのに」

――ならば、息子はそちらに差し上げます。
――お嬢さんは、うちで大事にさせて頂きます。

なに。なにがおこってるの。

「うちにいこう。うちの弟のせいだけど、大事にするから。こんな目に君を合わせたかったんじゃないんだ」

体が、抱き上げられる。
ふわり、と、浮遊感。

「大丈夫、ゆっくり休んで。少しずつ、元気になればいいから」

温かい言葉に、ゆるり、と、まぶたがまたたいて。
暖かい温もりに、心がほろり、と、ほぐれて。

私は、ゆるやかに、眠りへと落ちていく。

これでもう、だいじょうぶだ、と、思いながら。



あの日。
婚約者が、姉を妊娠させて、婚約破棄を願った日。
憧れていた私の姉は、私に泣いてすがり、婚約者の男はただひたすらに姉をかばって。
両親ですら、姉を、優先させた日。

私の心は、許容範囲を超えて、どこかがぷちんと途切れて、起きているように寝てるような状態になってしまっていたらしい。

両親は、そんな私に繰り返し、姉を許せと、若いから譲れと、お前も悪かったのだと、繰り返し、繰り返し言い続けたらしい。

それが3日ほどくりかえされた。

そもそも、婚約は、両家の両親が認めたもので。
婚約者の両親は、申し訳ない申し訳ない、と、ずっと思っていたらしい。

婚約は、そもそも、婚約者だった彼が願ったもので。
両親と兄に、どれほど私を思っているのかを告げて、こぎつけたものだった、の、だ、そうだ。

なのに、婚約者は姉を選んだ。

結婚まで純血を望んだ私が、悪いのだ、と。
だから、姉に誘惑されて、逆らえなかった、と。
婚約者だったひとは、そういったのだとか。

そして、それをかばう我が家の両親に、逆に、元婚約者の両親が、憤った。

妊娠させた息子が悪い。婚約者をないがしろにした息子が悪い。
なのになぜ、私がこんなに憔悴してるのに追い打ちをかけるのか、と。

婚約者だった人とは幼馴染だったこともあって、ご両親とも小さい頃から親しくさせていただいていた。
姉は、あまり会ったことがなかったけれど、私は彼らに娘のように可愛がられていた。

ごめんな、と、婚約者だった人の兄だったひとが、何度も繰り返す。

妹のように思ってきた相手が、弟にひどい目に合わされた。それが彼には許せないようだった。

姉さんは悪くない、私が悪いんだ、とそう告げた時、彼は、苦しげに言った。

姉は、私が彼女に憧れていることに気づいていた。
そして、それを当然と思い、私をコントロールしていた。

今回の騒動だって、本当に婚約者だった人を愛してたからじゃない。

――くるしめばいいのよ、と、彼女は笑っていた。

それを知って、私は、ただ、涙をながすしか、出来なかった。


わたしにとってあの人は憧れのひとだった。

年上で、いつも追いつけないあの人は、憧れの相手だった。

いつか彼女のようになりたいと、そう、思っていた、のに。

ほろほろと、無表情に涙をながすことしか出来ない私を、暖かい腕が包み込む。

兄のように思ってきた人。
ずっと、婚約者だった人の兄として、年上の幼馴染として、兄のように優しかった彼が、慰めるように抱きしめてくれた。


「俺が、いるから」

うん、と、ひとつ頷いた私は、その言葉の意味を、未だ理解できていなかった。

ぬくもりに誘われて、とろりと、まぶたが閉じる。

おやすみ、と、囁く声に、ゆるりと、眠りの中へ意識を沈ませた。


――愛してるよ。

その言葉は、聞こえぬままに。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[創作]書き続けて見えるものと思うこと | HOME | [掌編]さよなら。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/993-9ff28520


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...