RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[掌編]うちの隣のおひぃさま。

2013.02.27 Wed [Edit]

Cat eyes
Cat eyes / kodomut



隣の家のみぃちゃんは、かわいい。
飛び抜けて美人なわけでもないし、スタイルがいいわけでもない。
ごくごく普通の女の子だけれど、笑うとかわいいし、性格もいい。

小学校の頃なんかは、ちょっといじわるしたけれど、その後、少しずつ、彼女はこの近辺の同い年の連中や、年の近いメンバーの、アイドルみたいな存在になった。

近所のじっちゃんばっちゃんは、みぃちゃんを「おひぃさま」って、呼ぶ。

中学になって、僕らも、ひっそりとそう呼ぶようになったのは、秘密だ。



みぃちゃんは、そこまで賢くはない。
でも、すごく一生懸命勉強するから、先生たちに好かれてる。
たまに、馬鹿にするみたいなことをいうヤツもいるけど、馬鹿にした奴がもし例えば英語が得意なら、みぃちゃんは素直にソイツに聞きに行く。

そんで、ありがとう、って、嬉しそうに笑うんだ。

そうすると、もうだめ。馬鹿にしてた奴も、段々みぃちゃんの魅力に、捕まってしまう。

僕ら、保育園からの幼馴染組にしてみれば、どんどん増えてくみぃちゃんのシンパの数に、呆れたり心配したり、本当に大変だ。

男の子も女の子も、同じ小学校・中学校に進んだ連中(ちなみに小学校が違って中学で合流した奴もいる)も、ある意味根強いシンパみたいになって、ずっとみぃちゃんの心配をしたり、ひっそり手を貸してたり、する。

そう、ひっそり。もちろん、普段一緒に遊ぶときは、友だちとして遊ぶんだ。で、ミイちゃんが困ったときには、コッソリ手をかす。だって、みぃちゃんだって、自分で頑張りたいだろ? 何でもかんでも手助けすると、みいちゃんはお礼を言いながらも、どこか悲しそうだから、みんなで話し合って決めた。

できるだけ、見守ること。そして、コッソリ手をかすこと。

それが正しいか、どうかなんて、僕らにはわからないけれど、これでいくしかない、って思った。

まるで、親衛隊? みたいだね、なんて、誰かが笑った。

それでいいじゃん、むしろ、近衛でいいよ、と、僕らも笑う。

みぃちゃんは、美人でもないし賢いわけでもないし、本当に普通なんだと思う。

だけど。

今の御時世、ごく普通に育って、ごく普通に幸せな空気を醸し出せるお嬢さん、なんて、いるんだろうか。

ごく普通ってのが、ものすごくすごいことなんじゃね? と、僕らの中では意見が一致している。

みんな、少しずつ、どこかがずれた家庭の中で、少しずつずれた環境のなかで、それなりに育ってきた。

それを不幸だ、なんて、誰も思わないけれど、ごくごくまっとうにまっすぐ育ったみぃちゃんは、どこかほっこりとした空気を醸し出してるから、そばに居て、とても居心地がいい。

僕らは、特に男連中は、たぶん、みいちゃんのことが好きだ。

でも、それが恋愛感情なのかどうか、といわれると、みんな首をひねる。

むしろ、兄のような、もっといってしまえば、父のような。

もし、みぃちゃんに彼氏ができたら、その相手はとても大変だ。

なにせ、相手を見極めてやるぜ! と手ぐすね引いてる連中が、ぞろっといるわけだ。

僕らは、その先行隊なのかもしれない。だって、いつでも身近にいるからね。

じいちゃんらなんか、「ひぃさんにケソウするやつなぞ、たたきつぶせー」って血気盛んだしね。

ケソウって、言葉が古いよ、じぃちゃんたち。

まぁ、叩き潰すことはしないけれど、みぃちゃんに青春のエネルギーをぶつけるやつらは、ひっそりと排除してる。
そのくらい、いいよね。

僕らは時々、なんでこんなにみぃちゃんのことが好きなんだろう、って話し合う。

僕らは時々、僕らの思考がやりすぎてないか、いきすぎじゃないか、と、話し合う。

ぼくらはどこか普通じゃなくて、普通だけれどどこか歪で、みんな自分に自信がなくて、だから、みんなで集まって話し合う。

だって、みぃちゃんのことが大事だから。

だからこそ、みぃちゃんのため、なんていいながら、みぃちゃんに害なす存在にならないように、話し合う。

大事な大事な、僕らのおひぃさまが、いつでも笑顔でいられるようにするのが、僕らの一番の目標だ。

彼女が笑っていられればいい、と、僕らはいつも、願ってる。

そして。

僕らはもうすぐ、受験を迎える。
そして、みんなそれぞれ、いろんな学校へと散っていくだろう。

ばらばらになるけれど、きっと、僕らにとってみぃちゃんは、いつまでもおひぃさま、だ。

もしも、彼女に何かあったら、きっと、僕らは集まるだろう。

男も女も、年上も年下も、関係なく、きっと僕らは集まるだろう。

うちの隣の家にすむ、可愛い可愛いおひぃさま。

彼女がずっと笑っていられるように、と、僕らは、ただ願うのだった。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[メモ]2月最終日に思うこと。 | HOME | [掌編]週末ごとに異世界で侯爵令嬢として過ごしてます。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/976-f66698a0


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。