RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[掌編]スマイル! スマイル!

2013.02.02 Sat [Edit]

so happy smiling cat
so happy smiling cat / [puamelia]



大きく息を吸って。
3つ数を数えたら、私はそっと口角をあげる。

スマイル。

笑顔があれば、なんとかなる。
笑顔でいれば、きっと、なんとかなる。

私はずっと、そう信じていた。

――いままで、それで、生きてきたから。




「――大丈夫か?」

「え、何か?」

僅かに首をかしげてみつめる。
心配そうに私をみているのは、最近知り合ったどこぞの大学の3年生とかいう、男。
コンパに数合わせで付き合わされたあと、何やら偶然とやらでやたらあちこちで、会うようになった、男。

最初は、追っかけてきてるのかな、なんて、ちょっと自意識過剰気味に思ってたんだけど、どうやらそうじゃない。
微妙に行動範囲がかぶってるんだと、気づいたのは最近の事だった。

で、まあ。

映画館だったり、書店だったり、電器店だったり。

何度も顔を合わせていれば、まぁ、お茶でも、と、そのうちになるのは成り行きか。

気がつけば、彼とは、お茶友達のようになっていた。

恋愛じゃない。友達。

でも。

私だってオトメですから。

これだけ、偶然とはいえ、何度も何度もいろんな場所で、待ち合わせなく出会えてれば、それなりに、ね。
気持ちは動いてしまうわけですよ。はい。

趣味が似ている。好みが似てる。

彼が勧める映画は、ハズレがないし、彼が買う本は、あたりが多い。

これって意外と貴重なのですよ。

本が趣味、映画が趣味、っていったって、好みのジャンルが違うと、これまた趣味が全く違う人間よりうまくいかない不思議。

これ、私の実体験ね。

趣味が近すぎるけれど違いすぎて前の彼とわかれた時も、私は笑顔だった。

スマイル。スマイル。

元彼は、悔しそうで、でもどこかホッとした顔をしてた。

――悲しくないわけじゃ、なかったんだけど、ね。

そんな私の気持ちにまるっと気づかれなかったのは、ちょっとホッとしたかな。
めんどくさい女、なんて、思われたくないしね。半端なプライドだけど。


でも。

この男。この、最近良くあうこの人は。

私の笑顔に、大丈夫か、って聞く。

私の笑顔に、そんなこと言った人ははじめてで。
ちょっと、いやかなり、動揺したのは否定出来ないかもしれない。


「……まあ、いいけどさ」

ふう、と息をついて、視線をずらす彼に、ほっとする。

突っ込むな、突っ込まないでくれると嬉しい。
だって、これは私の処世術。

大丈夫か、といわれると、ええ、うん、確かに、こう、割りと毎週のように会ってるのに、どういう関係でもないこの状況にぐらっと揺らいでたりしますよ。
ええ、不安いっぱいですよ。

でも、さぁ。

”私って貴方のなんなのっ!” みたいな、そんな昼ドラみたいなこと、言えっこない。

言えてたら、私、前の彼と別れてない気がする。

いや、別れてよかったとは思ってるけど。じゃなくて、そういうことじゃなくて。

とりあえず、素知らぬフリして、手の中の、キャラメルマキアートを、一口。

あたたかくて甘い、これが大好き。

ほっと息をつくと、顔が緩む。

人間、好きなものを前にすると、気が緩むよね。

「ああ。――そっちのがいいよ」

「え?」

視線をあげれば、彼が笑ってた。
穏やかに、嬉しそうに。あ、ちなみに彼は、シルバーフレームのめがねを掛けてます。まぁどうでもいいことだったかしら。

少し、めがねをなおすような仕草をして、そして。

「いまみたいな、ほっとした、緩んだ顔。そっちのが断然かわいい」

「――はっ?」

いま、このお人は、なんとおっしゃいましたですか?

呆然、と、見つめ返せば、彼は楽しそうに笑う。

「ああ、なんだか、やっと素の君を見れてる気がする」

そういうと、優しい目で、私を見つめて。

「素、って」

「うん。頑張ってる笑顔も、すごい素敵だから、気になってたけど」

言葉を切る彼に、思わず、息を飲む。

そして。

「今のゆるっとした笑顔見たら、完全に落ちた。なので、付き合ってください」

ぺこり、と。

まちなかの、休日の、昼下がりのカフェ。

周りに人がいっぱいいる中での、告白。

「え。っ、はぁぁぁ?」

思わず、驚いてわたわたしちゃっても、仕方ないよね?


一瞬で周囲の視線を集めた私に、彼は少々慌てて、その慌てっぷりがなんだかおかしくて、今度は私が笑う番。

ああ。

――実は私も、彼のそのゆるっとした笑顔が大好きなんだ、っていったら。

彼は、どうおもうだろう。

ちょっと驚いて、少したじろいで、視線を彷徨わせて。

少し赤くなりながら、でも、私の大好きなゆるっとした笑顔で、お礼をいってくれるんだろうか。


大きく息を吸って。
3つ数を数えたら、私はそっと口角をあげる。

スマイル。

笑顔があれば、なんとかなる。
笑顔でいれば、きっと、なんとかなる。

私はずっと、そう信じていた。

――いままで、それで、生きてきたから。


でも。

もしかすると、彼の前では。
何もしなくても、自然と笑顔でいられるかもしれない、と。

じわり、と胸に湧き上がる温かい気持ちに、幸せを感じた、昼下がりのお話。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[掌編]それでも、君が好きだから。 | HOME | [メモ]2月、今月も目標を定めてぼちぼちいこう!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/951-aaa00fbe


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。