RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[掌編]ある恋物語の書かれた本のお話。

2013.01.20 Sun [Edit]

Girl Holding Book Looking Out Window free creative commons
Girl Holding Book Looking Out Window free creative commons / Pink Sherbet Photography




ぱらり、ぱらり、と。

机の上の本が、風によって1ページ、また1ページとめくられていく。

大きく開いた窓からは、小さな小川と、その向こう、どこまでも、遠く遠く、はるか向こうまで続く平原がみえる。

風は草原を渡り、緑のしずくと香りをはらんでどこまでもさわやかに吹き抜け、そして、大きな窓にかけられた柔らかなカーテンをふわりと揺らした。



窓の前には、小さな机がある。

つややかに磨かれ、柔らかな光沢を放つその机には、インク壺とつけペン、それに本が一冊。

草原を吹き抜けた風は、ふわりとカーテンを揺らし、そして、ぱらりと、机の上の本をめくる。

ぱらり、ぱらり、と。

静かな部屋の中、誰もいない部屋の中、響くのはただ、その音ばかり。

誰も居ない部屋。一冊の本、そして吹きぬける風。

爽やかな緑の香りが、そっと、部屋の中を清めるようにただよい、やがて消えていく。


キィ、と。

部屋の入口に取り付けられた小さな扉が、かすかに軋む音を立てて、開いた。

その扉は、この家がたてられた、ずっとずっと昔から底にある扉で、少しだけ蝶番が軋む音がする。

長い年月を丁寧に磨かれて大事にされた扉は、つやつやと飴色に輝いて、とても美しい。

少しずつ開く扉から、ひとりの人影が、するり、と、部屋の中に入ってきた。

その人影は、少女のようにみえた。

ほっそりとした体と、長い髪を持つ、けれど女性というのはまだ幼いような、そんな様子だった。

彼女は、ゆっくりと窓辺に歩み寄る。

そのたびに、彼女のそのさらりと長い髪は、ゆらりと揺れ、美しい影を作った。

ぱらり、ぱらりと、本のめくれる音と、小さく、こつ、こつと、靴の音があたりに響く。

彼女は、ゆっくりと窓辺に歩み寄ると、それから、小さく微笑んだ。

そして、ぱらり、ぱらりとめくれる本をしばらく楽しそうに眺めたあと、ゆっくりと閉じる。

ぱたん、と、本の綴じる音。

そして、本を両手にもった少女は、そっと、そのページを開く。

そこにたっぷりと描き出された、物語の世界へと旅だつために。

彼女は、ワクワクする心を抑えながら、ゆっくり、ゆっくりと本のページを開く。


――と。

窓から、ふわり、と、再び、草原の香りをはらむ風が、カーテンを揺らしながら部屋へと吹き込んできた。

その風は、さわやかな香りを周囲に広げながら、いたずらにさらりと、彼女の髪を揺らしてゆく。

彼女は、風に誘うわれるように、窓の外をみた。

目の前には、小さな小川。そして、その先に、どこまでもどこまでも広がる、はるかなる草原。

そして、ゆっくりと沈み始める、くれないの、茜色の、太陽の姿。

彼女の唇が、そっと、静かにほころぶ。

しばらく、じっと窓の外を眺めていた彼女は、一度、深く幸せそうなため息をつくと、やがて、机のわきにすえられた椅子へと腰をかけ、窓辺からの明かりを頼りに、ぱらり、ぱらりと本をめくり始める。

日が落ちて、文字が見えなくなる、その時まで。

彼女は、僅かな時間を愛おしむように、ゆっくりと、ぱらり、ぱらりと、ほんのページを捲る。

それはまるで、いまこの、太陽が沈むまでの時間を惜しむかのように、もしくは、まるで、まもなく終わらんとする少女時代を惜しむかのように、ただ、静かに、ぱらり、ぱらりと、本のページをめくってゆく。


――口元には、穏やかな幸せそうな笑みを浮かべて。



本は、ずっと、この家の女の子に手渡されてきたのだという。

そして、また、きっと、この本は彼女の子どもへと、受け渡されるのだろう。


――ある恋物語の書かれた本のお話。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[思考]書かないと完成しない。書かなければ始まらない | HOME | [創作]恋愛系の掌編を、あすから投稿サイトへアップします。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/938-1f98c6f4


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。