RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[メモ]作品のバックアップに、オンラインストレージを使ってみませんか?

2012.04.25 Wed [Edit]

オンラインストレージ、使ってますか?



オンラインストレージのひとつであるDropboxを「まおゆう」や「ログ・ホライズン」の作者である橙乃ままれさんが活用なさってるのは、「小説家になろう」界隈の方であれば、ご存知の方も多いかと思います。





こんな呟きが流れたこともあります。ちなみに上記ツイートのリンクから登録するとままれさんの所有スペースが増えてちょっぴり手助けが出来ます。

それはそれとして。

ドロップボックスってなんぞ? という方もおられれば、知ってるぜ、って方もおられるでしょうし、私みたいに他の方が使ってるのを見て、調べて使い出した人もいるでしょう。

今回は、創作クラスタさんやそれ以外も、知ってるとちょっと便利かも、な、オンラインストレージについてのお話です。




オンラインストレージとは


オンラインストレージは、文章のバックアップのみならず、共有にも活用できるこのシステム。ここにアップしてやり取りしたり、もしくは、友人などに下読みしてもらう際にも活用できる素敵システムです。

私は、主にPCがやられてしまった時のためのバックアップになることから、日常的に活用しています。
つまり、PC内のDropboxのフォルダに、小説やその他文章を保存、すると、自動的に同期してDropboxのサーバにも保存してくれます。なので、日常的にそれを活用している状態です。意識して使わなくとも、最初に設定さえしてしまえば勝手に同期してくれるからとても便利。
USBメモリにも保存してるのですが、落としたり紛失したりすることも多いため、こちらを主に活用中です。

その他にもいろんな活用が出来ると思いますが、結構便利なので、ちょっとご紹介したいなと、そんな風に思いました。
では、まずはオンラインストレージとはなんぞというところから、ご説明いたします。


オンラインストレージ
オンラインストレージ(またはファイル・ホスティング、File hosting service または Online file storage service)とは、サーバーマシンのディスクスペースをユーザーに貸し出すサービスである。ユーザーは割り当てられたディスクスペースに、インターネット経由で自由に読み書きができるようになる。無料のものと有料のものがある。
オンラインストレージ - Wikipedia


オンラインストレージとは?:DropBoxマニア ドロップボックスはここがすごい!
ネットストレージやブリーフケースなどとも呼ばれますが、インターネット上に自分専用のハードディスクを持ち、そこにファイルを保管するサービスのことを言います。 ...


オンラインストレージとは【online storage】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典


まあ、オンラインのストレージ(倉庫)ってくらいなので、ネット上から使えるサーバスペース(空き容量)、ってちょっと語弊はありますがおおまかにそんな風に捉えてもらえたらそんなに間違いはないかと。

ついでに、自分のPCからだけじゃなくて、別PCからだったり、スマホやタブレットからも活用できたりそんな便利なサービスが、オンラインストレージです。(ちなみに一部ではポメラのデータも同期する方法があるようです)
私自身はリムーバルメディア(USBメモリやSDカード)の代替え(とはいえあまり別PCから作業することはないのですが)として活用してます。以前のPCから今のPCに乗り換えた際、Dropboxの設定だけでさっくりと同じ環境で執筆を再開することができました。それ以来更にどっぷり愛用中だったりします。

具体的にどう使ってるの?


主に、書いた小説・詩のデータを保存したり、DLした小説データを投げ込んでます。さらに言えば、使っている執筆ソフト「StoryEditor」も、ドロップボックスに投げ込んでます。つまり、どのPCからでもやろうと思えばすぐに文章がかけるし、更に言えば、今このPC使えなくなっても小説の続きは掛けます。故に、私はオンラインストレージにバックアップをとっているのです。

もしもに備えるのにもちろんUSBメモリに保存などの物理的な方法もよいですが、物理的なものは紛失したり破損します。もちろんストレージサービスだって消えることがないとはいえませんが、少なくとも物理とサービス両方でバックアップすれば、かなり心強いのではないでしょうか。

さらに言えば、私は実は複数箇所のストレージを活用しています。主な理由はテキストデータだけではなく、写真データが結構あるため(子供の写真を公開せずに保存したかったので)ですが、二箇所両方で保存することでテキストの紛失というリスクを分散するためでもあります。

が、主な資料が文章の場合は意外と容量は食いませんので、ほぼ足りないということはないと思います。足りない場合でも、複数のストレージを上手に活用すれば余裕でいけますし、もしもっと容量が欲しいという時は、余裕があり使いこなせれば有料サービスを利用することも視野にいれるといいのではないでしょうか。基本おおよそ無料で補えると思う私は、割りとケチです、すみません。

と、まあ、私はそんなふうに活用しているわけですが。

今回はとりあえず、私が使ってるオンラインストレージサービスを幾つかご紹介します。
選んだ基準は、自分のPCのなかのフォルダのように使えること、以上です。
つまり、最初に基本のクライアントをDLしてしまえば、あとは普通に作成してPC内の決められたフォルダ等に保存するだけです。そうしておけば、自動的に別の場所に保存してくれるわけです。
いちいちソフトを起動したり、サイトに行かなくても、PC上のフォルダに投げ込めば勝手に同期してくれること、使い方が難しくないもの、この基準で選んで活用中のものをご紹介します。

私の活用中なオンラインストレージ



Dropbox
b0009.jpg

一番メジャーではないかと私が思っている場所です。
アクセスして新規登録(こちらから出来ます)、あとは、クライアントをDLすれば、自動的にPCの中にDropboxのフォルダができます。あとはそこに、保存したいデータを投げ込むだけ。自動的に同期して保存してくれます。注意点は、HDにも保存すべき同量の空きスペースが必要なこと。初期の無料分は2GBですが、いくつかの方法で容量を増やすことも出来ます。何よりファイルをフォルダに投げ込むだけという点、もし誤って削除や上書きした場合でも復元が可能という点が、お勧めポイントです。最初に使い始めるならば、使い方などを説明したサイトも多く、わからない時に調べやすいのでここがお薦めかもしれません。私がメインで活用中のサービスです。

SugarSync
b0010.jpg

割りと活用してる人が多いと思われます。アクセスして新規登録・クライアントダウンロードなどは同じ手順。違うのは、同期するフォルダを選べること。Dropboxは自動で専用フォルダができますが、SugarSyncはちょっと違う。専用のマジックブリーフケースなるものもできますが、それ以外にも自分のデスクトップにある好きなフォルダを選んで同期させることができます。故に、Dropboxフォルダ内のものをSugarSyncに同期させてダブルバックアップ、なんてこともできます。その上、容量が最初から5GBとDropboxより多いです。私は主にSugarSyncをサブとして、Dropboxフォルダ内の文章系を投げ込んだフォルダを同期させた上に写真フォルダもリンクさせてます。なのでこっちは容量いっぱいいっぱいです。
ちなみに、登録する際は、よく見ないと無料5GBのリンクがすごく見難いです。

b0007.jpg



右下ですよー。最初私、なかなか見つけられませんでした。

以上が主に活用している2サイトです。

まとめ


貴方が日々執筆している物語(やその他の大事なデータ)のバックアップにおすすめなオンラインストレージの説明、いかがでしたでしょうか。
大事な作品を消しちゃったり書いてる途中でPCがダメになってデータが消えたって経験があるかたもおられるかと思います。(私はありますし、また、失った過去のデータをたとえどれほど黒歴史でも再び読みたいと思うことがあります。)
それを回避するための一つの手段として、オンラインストレージサービスの活用は、お勧めです。

基本無料ですし、難しそうですがやってみると意外と簡単ですので、まずは登録して試してみるっていうのも「アリ」だと思います。
ぜひこの機会に、大事な作品たちのバックアップ、試してくださいね。

◆Dropboxへ新規登録
◆SugarSyncへ新規登録

おまけ



SkyDrive
SkyDrive の利点 - 必要な場所で 必要なファイルを使用できます。

ウィンドウズライブなMSNのオンラインストレージ。以前からあって一応登録してはいたのですが、いちいちサイトにいくか、えっらい使いにくい非公式クライアントソフトしかなくて放置してたところ、この記事を書く前日(4/24)に、公式のクライアントが新しくなり、システムの変更があったとアナウンスがはいりました。
すぐダウンロードして使ってみましたが、SkyDriveのフォルダができてそこに投げ込めばいいだけ、っていうかなりDropboxライクな感じになった上に、初期登録で7GBと結構な大容量です。以前から登録していた人は25GBまで無料で容量アップということで、がっつりアップさせました。これから私のメイン使用になりそうな気がしなくもないです。基本、Dropboxと同じく専用フォルダに投げ込みなのですが、Windows LiveEssentialsのなかに入ってるソフトを使えば一部別のフォルダを5GBまでは同期できるので、Dropbox内のテキストフォルダをSugarSyncで同期させた上にSkyDriveでも同期させるとかそんな、そこまでする必要あるの? な、こともすることができそうです。こちらはこれからに期待、の、サービスです。使ってみてよさそうであれば、またご案内したいと思います。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:物書きのひとりごと | Genre:小説・文学 |
Category:IT | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[メモ]それでも私がブログを書くその理由 | HOME | [メモ]私がモバイル読書(文)に憧れる3つの理由>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/736-e64756f7


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。