RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[掌編]桜の花びらの砂糖漬け

2012.04.02 Mon [Edit]

 

桜の花びらを集める。できれば、八重桜がいい。たくさんたくさん、かごにいっぱい集めて。

 

a double flowering cherry tree_37
a double flowering cherry tree_37 / ajari

 

ふわりと香る桜を、じっと眺めていると、子供の頃の思い出がふうわりと蘇ってきた。

桜の花の砂糖漬けを、紅茶にいれて。ゆっくりと飲んだら、きっと恋が叶う。

なんて。そんな他愛もないお遊び。




集めた桜を眺めて、小さく笑う。だって、これは塩漬けになる。塩につけて保存しておいて、鯛と一緒に御飯に炊きこむのだ。美味しい美味しい、鯛ごはん。ふわりと香る香りが幸せな、お祝いのご飯。

「ママー!」

呼ぶ声に振り返れば、まだどこかおぼつかない足取りで駆け寄ってくる子どもの姿。満面の笑顔で駆け寄ってくるのを、しゃがんで待っていれば、きゃらきゃらと弾けるような笑い声をあげながら、胸に飛び込んできた。慌ててかごを抑えたけれど、いくつかはふわりと毎落ちてしまって。あらあら、と、笑いながら、子どもをぎゅっと抱きしめる。太陽の香り。おひさまをいっぱい浴びた子どもの髪からふわりと香るのは、命の香り。愛しいわが子、と、浮かぶ言葉に内心照れながらも笑いつつ、そっと子どもを抱き上げた。

「変わるよ」

振り返れば、あとから追いかけてきたらしい、あの人の姿。
恋が叶う。桜の砂糖漬けのおまじないは、初恋の彼には効かなかったけれど。

今、大切なあの人と、二人。愛しい命のカケラを抱きしめて、幸せの中にいる。

特別な何かがあるわけじゃない。
あの人がいて、愛しいわが子がいる。

ただそれだけのことだけれど、それだけのことがどれほど幸せなのか。忘れそうになるたびに、ふわり香る桜が、それを思い出させてくれる。

「まま、おはな?」

あの人に抱かれながら、かごを覗き込む子どもに頷いて。

「ええ、お花のご飯にするのよ。まあちゃんの、お祝いのご飯」

「おはなー! おいわいー!」

わからないながらも、嬉しそうにぱたぱたと両手を動かすわが子の髪をそっとなでて、視線を上げれば、柔らかに微笑むアノ人の笑顔。

幸せ。

桜の咲く頃に、桜の下で。

大きく吸い込んだ空気は、薄紅色の幸せを含んで、体中に染み渡っていった。

fin.

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[掌編]夜の公園。 | HOME | [物語]エイプリル・エイプリル>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/708-498da1a9


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。