FC2ブログ

RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

[物語]03. 大きな荷物が歩いて来たら

2012.01.20 Fri [Edit]
そんなこんなで慣れてきたバイト。
店長と二人だけの、朝から夕方までの時間。

――時々、店長の手がわきわきしてるの、気のせいでしょうか?


お仕事は、基本朝から始まる。
店の掃除をして、カフェの客席の掃除。それが終わったら、入荷した品物の品出し。
メニューはドリンク中心で、ケーキが少々。
雑貨屋さんで買ったものを、カフェで眺めながらくつろぐような、そんな場所。

商品の品出ししてる間に、店長が仕込みの仕上げしてて。
商品の受取は、だいたい店長がしてくれるんだけど、そうじゃない時も、あるわけで。




「どうも、ありがとうございまーす」
「どうもー」

荷物をみて、首を傾げる。普段の入荷分とは違う、追加入荷っぽい品物。結構大きな箱で、なんだろなこれ、と、思いながら、もてるかなー、と、持ち上げてみた。

「……みえないし」

そこまで重くなかったから、なんだろうなこれ、と、思いつつ、持ち上げたんだけど。前が見えない。超見えない。
どうしたもんかな、と、思うけど、ここからならば見えなくてもぎりぎりイケルかな、と、ちらちら横から覗きながら運んでいたらば。

「あああっ、だいじょうぶですか?」

ひょい、と顔をのぞかせたらしき店長さんが、慌てて飛び出してきて。箱をひょい、と持ち上げるから。

「うひゃっ。あ、はい、えと平気です」

……思わず箱ごと持ち上がるかと思ったじゃないか! いや、それは多分ありえないけどっ。

見あげれば、なんだかこう……緩んだ表情の店長。さくさくと箱を運んで、それからこちらにぐるっと戻ってきた。

目がランランと輝いてる。な、なに?

思わず後ずされば、両手を差し出された。

あ、やなよかん。この位置って……。

「っ、ぎゃー!」

すっと差し出された両手が脇の間に差し込まれて、ひょい、と持ち上げられた。

いわゆる子どもを抱き上げる感じ。なにこれ、なにこれ、なにすんの!

ふしゃー、と威嚇するみたいに睨んだら、嬉しそうに笑われた。

「すみません、あんまりかわいくて我慢できませんでした」

……すっごいセリフなんだけど、この体制ではうれしくないですから!



むっすりと膨れた私に、今日のセットメニューのケーキを賄賂として差し出しながら、店長は困ったように笑う。

曰く、荷物が歩いてきてるようで可愛かった、と。
曰く、ここしばらく、ずっとこう抱きあげたくってどうしようもなくてうずうずしてた、と。

ごめんね、と、まゆをへにょりとさせていわれれば、よくないけど、いいですよって言ってしまう。

――惚れた弱み、ってこういうこと?

お行儀悪く、ケーキのフォークをくわえたまま、上目遣いに睨んでみる。

へちょりと申し訳なさそうな顔、確かにしてるんだけど……こうね、眼の色がね。なんというか、悶えてる感じ? 萌えられてますか? そうですか。

あーあ、と、がっくりうなだれる。
子ども扱い、別にいいけれど。

ちょっと残念、と、深くため息を付けば。

釣られるように、店長までため息を付くのでした。



------8×-------- 8× -------- キリトリセン --------8×-------- 8×--

恋したくなるお題 様より
http://members2.jcom.home.ne.jp/seiku-hinata/

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[物語]04. 「そっちばっかりずるい!…頭なでさせて」 | HOME | [更新]1/20 小説更新のお知らせ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/601-cf7f978a


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...