RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

お嫁においで。(新年おまけ小話)

2011.12.30 Fri [Edit]
「……っ、せんぱいっ、卑怯です……っ」

涙目で彼女がいうから。少しだけ困って、首を傾げた。

「そう?」

「そう、そうですとも! なんで、なんで、なんでぇぇぇぇ!」

きぃぃ、と、悔しげな彼女に、そっとお椀をすすめる。

「うう、いい香り……おいしそうなお雑煮ですね。九州風ですかそうですか」

しくしく、と、文字が見えそうな彼女の様子に、ダメ? と問いかければ。

「だめじゃないですとも! 私がだめなだけですぅぅぅぅ」

うわぁぁん、と、机に突っ伏した。



テーブルの上には、重箱に収められたおせち料理。今年は年末休みががっつりとれて、妙に暇だったので、作ってみたのだが。

「おいしくない?」

「うう、おいしいです……今度作り方おしえてくださいぃぃぃ」

どうやら、味は彼女のお気に召したようだけれど、彼女にショックを与えたらしい。

きにすることじゃないのになぁ、と、思いつつ、これ幸いと、よしよしと頭を撫でておいた。らっきーである。

除夜の鐘のあと、彼女を連れてそのまま近くの神社で初もうでして。2年参りにはならなかったけれどまあ、それは来年も再来年もあるし、と、思いつつ、一緒に初日の出をみにいくのもわるくないなぁ、などと思いながら、今日のところは、と、彼女を自宅へお持ち帰りして。一緒に眠って目覚めた朝、まだうとうとしてる彼女をそのままに、雑煮を仕込んでいるところに、においにつられた彼女がやってきて、そして、セッティングされたテーブルをみて、そして冒頭に戻る。

まあまあと宥めて、新年のあいさつをして、お屠蘇をいただいて。吸い物仕立てのお雑煮を渡せば、ほっこり幸せそうな顔で、食べ始めてくれた。うむ、このご飯を食べるときの顔があるから、余計に幸せなのかもしれない。などと、崩れまくっているだろうでれでれ顔で眺めていれば、顔をあげた彼女が、ものすっごい真剣な顔でこちらをみていて。

「せんぱい……」

「ん? どした」

「むしろせんぱいが、お嫁にきてください。私養いますから!」

握りこぶしでそんなことをいう彼女に、思わらず声を上げて笑ってしまう。

「もうもうもう、じょうだんじゃないのにーっ」

「うんうん、悪かった。悪かった。嫁にもらってくれるんならよろこんで?」

よしよし、と、頭を撫でて、椅子から立ち上がってちょっとお行儀悪いな、って思いながらも、テーブル越しにおでこにキス。真っ赤になった彼女になんとなく満足して、自分の作った料理をいただく。うむ、悪くない。

「……ほんっと、せんぱい、ずるいんだからもぉぉぉ」

拗ねたような口調だけれど、そう呟いた彼女の顔が、ゆるりと幸せそうだったから。

いつか、そう、これから先。毎年こうして共に過ごすのだと。いつかは、二人が三人になるのだと。ああ、子供もつれて鐘をつきにいこう。初日の出も見に行こう。それに、そうだ、初もうでにもいって、初売りにもいこう。あれもこれも、と、考えると、楽しくて、きっとそれを叶えるんだと思うと、嬉しくて幸せで。ゆるりと緩んだ表情で、彼女に告げた。

「大好きだからね。早く結婚しようね」

赤い顔のままの彼女は、ちらり、と、食べていたお椀から視線を上げて、仕方がないなぁ、という風に、ほほ笑んで、頷いてくれた。


幸せな、新年の始まりの日の、お話。

fin

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<12/31 小説更新のお知らせ 1 | HOME | 12/30 小説更新のお知らせ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/559-d24e7a2b


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。