FC2ブログ

RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

2011.11.13 Sun [Edit]
「……嫌いじゃないのよね」

ぱちり、と、暖炉の薪がはぜる。

視線が向けられるのを感じて、ふっと微笑んだ。

「嫌いだ嫌いだと思ってたんだけど、嫌いなわけじゃないみたい」

そっと視線を窓へと向ける。濡れる木々の葉。地面の草も濡れて光る。

「嫌いなんじゃなくって……さみしいのかも、ね」

その感想が正しいのかはわからないけれど。

ふと、そんな風に思えて。

それ以上は言葉にならなくて。ジワリと湧き上がる感情に、目を伏せた。

静かな、静かな部屋。
かすかに聞こえるのは、窓の外の音ばかり。


再び、ぱきり、と、薪がはぜる音が、して。



「……どうしたの?」

ふっと、気が付けば。
少し離れてたところにいたはずの気配が、すぐそばまできていて。
隣に腰かけたところで、少し目線の高い位置へと、視線を向ければ。

そっとのびる指先。
少しごつごつした、大きな手のひら。
そのくせ、優しくほほをたどる指の動きに、思わず目を閉じる。

柔らかな、熱。

触れる、温もり。

まるで確かめるように、たどるその指先の動き。
ほほから、首へ。そしてそろりと、唇をなぞって。

そのままゆるりと髪をなでる手の動きに、唇だけでほほえんだ。

そっと開いた瞼の向こう。

窓の向こうでは、まだ、雨が降り続いていた。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<香草と香油。 | HOME | [創作]恋ってなんですか。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/470-e8a7ce81


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...