RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

香草と香油。

2011.11.14 Mon [Edit]
「ね、ね。これ、どうやって使うの?」

久々の村で。
立ち寄った昼間の食堂は、女の子たちのお茶会の真っ最中で。
気が付けば、囲まれていました。

「え、えっと。これは……香油ね。うちの?」

「ええ、今日買ったばかり! なんだか甘酸っぱい香りで気にいったのー。そのままはダメなのよね?」

「そのまま肌につけるのはよくないから、ええとそうだな、ほんの少し、服の、そうね、スカートのすそにつけるとかはどう?」

「スカートのすそ? 胸元とかじゃなくって?」

ぐいっと胸を突きだしてくる彼女に、思わず後ずさりながらうなずき返す。

「え、ええ。胸元だと香りが強くなる可能性があるから、すそ。風にふわっとなびいてかおる感じ。どう?」

「きゃ、なんだかすてきねぇ。あとは?」

「ええと、湯あみや体をふくときにお湯に一滴たらすとか、布にしみこませておいておくとか。あ、少しだけよ?」

「うんうん、なるほどー。1滴ずつくらいだから、だいぶ使えるわー。買ってよかった」

嬉しそうに微笑むに、つられてながら。

「でも、高かったでしょう? それ」

自分で作って卸していうのもなんだけど。娘さんのお小遣いで簡単に買えるものではないはず。

「みんなで、出し合ったのよ。ちょっとずつになるけどって、思ってたけど、結構使えそう。これで旦那様候補をゲットよ!」

ふふん、と、彼女は笑う。胸を張って。胸はいいよもう……この世界の人たち、胸でかすぎ。元の世界じゃそんなに小さいほうでもないはずだったのになぁ、私。と、思わず自分の胸に視線を落としてため息。

それに気づいたのか、別の子がそばに来て、ぽんぽん、と頭をなでてくれた。

……子供じゃないから!


お茶を一杯。お菓子を添えて。
軽やかに笑い転げる少女たちに囲まれて、気後れしながらも、ひと時のティータイム。



ふ、っと、口元が緩む。

こんな風に話せる日がくるとは、思わなかったけれど。

ガールズトーク。悪くないんじゃない? なんて。

そんな風に思える自分が、嬉しくて。

なんだか、くすぐったかった。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<胸。 | HOME | 雨>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/468-4db48ce6


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。