FC2ブログ

RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

胸。

2011.11.15 Tue [Edit]
視線を感じて振り返った。

ら。

彼女がじーっと見つめていた。

胸を。

「な、なぁに?」

思わず後ずさり。
けれど、彼女は視線をそらすことなく。

「……大きいですね」

「そ、そうかしら? あなただって……」

そうでもなかった。思わず語尾が消える。

彼女はすっと半眼になる。

「わかってますよ、どうせ、ええ、わかってますとも。私には胸はありませんよ!」

「いえ、ないってことは……」

「ええ、ええ! 世間一般よりはとーっても小さいですよ!」

そのあとここでであって、向こうではそうでもなかったのにっ、と、つぶやく声が聞こえたけれど。

とりあえず……。

「どちらにしろ、あまりじっと見るのはぶしつけだと思うの」

「でも目につくと見ちゃうんだから仕方がないと思うの!」

困ってしまって視線をさまよわせると、ぱちり、と、彼と視線が合う。

……とたんにそらされる。もう、困ってるときにそんな。話題が話題だからわからなくもないけど。

と、その視線の動きに気づいたのか、彼女が彼をみて。

「ねぇ。やっぱり、大きいほうがいいの?」

真顔で聞いた。

……少しだけ、彼女につつしみというものを教えるべきなのでは、と、思ってしまった私だった。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<賭博好きのお姫様 | HOME | 香草と香油。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/467-e997d24f


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...