FC2ブログ

RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[メモ]母親は好き嫌いがない、わけではない。

2014.01.24 Fri [Edit]
黄王南瓜 500g


嫌いなものものこしちゃいけません、と、言うことの多いのが、母親。

そんな母親は、好き嫌いせずに、何でも食べている、ように見えるから、こどもはしぶしぶ食べたりする、わけですが。

我が家と、我が実家の場合、そこには、そうみえる理由がありました。

簡単なことです。

料理するのは、母親。

つまり、嫌いなものは、ほとんど出てこない、というわけです。








私は、かぼちゃが苦手です。
ただしくは、甘く煮付けたかぼちゃが、苦手です。
天ぷらなら食べるんですが、煮付けは、遠慮したい。
食べられないわけではないのですが、どうしても、どうしても、食べないで済むなら食べたくない。

そんな我家は、離乳食期と、よほどのことがない限り、かぼちゃが出てきません。
かぼちゃが栄養があって良い野菜だ、とはわかってるのですが、なかなか。

挙句には、煮込む匂いも嫌で、どうしてものときは、レンジでちん、という調理法を取る始末。

ちなみに、私の実家の場合、母親が玉ねぎが苦手だったので、カレーなどの必須な料理でないかぎり、玉ねぎ率はかなり低かったのを覚えてます。
あと、トマト。プチトマトとか普通のトマトはまだいいのですが、ケチャップとかトマトソースを嫌う母でした。あ、私もあまり得意じゃないや。

そう考えると、母親に苦手な食材がある、というのは、こどもに多大な影響を与えることになるわけで、あまりいいことではないなぁと、思いはするのですが。

でも、こども、かぼちゃの煮付け、好きだしなぁ。

甘い野菜、さつまいもとかかぼちゃが、得意ではない私、でも、子どもたちはとっても大好き。
栗ご飯、も、そういえばつくらないなぁとか、甘いおかず、というのに微妙に抵抗があるのかも、と、思う、私です。
照り焼きとかも、甘み少ないしな、私。

もちろん、世の中のお母さまがたは、そんな自分の苦手などない、とか、あっても表に出さずに普通に料理をなさってる、とか、そういう方が多いだろうな、とは、思います。

が。

よくよく料理を思い返すと、どうにも傾向的に料理として出てくる回数が、こどもや家族の好きなものだけど少なめだな、と、思えるようなものは、実は、母親の苦手な食材、かもしれません。

なにはともあれ。

意外に、家庭の味、というのは、母親の趣味嗜好が如実に現れるものかもしれないなぁ、と、しみじみと思うのでした。


とりとめなく書きましたが、本日はここまで。

読んでくださって、ありがとうございました。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:ママのひとりごと。 | Genre:育児 |
Category:LIFE | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[メモ]3DSを買ったらGBが欲しくなった話。 | HOME | [メモ]納豆好きなこどもと朝食のお話。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/1171-50c04523


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。