FC2ブログ

RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

[雑想]整理整頓、ああどうしよう

2013.05.06 Mon [Edit]

整理整頓が苦手です



Tusse
Tusse / Widerbergs


整理整頓が苦手です。
大事なものを「大事なものだから」と別の場所に丁寧に収納し、その収納した場所を忘れる私です。
大体において、そういうものはちゃんと収納していて捨ててないことはわかってるので、昔ほど焦らず探せるようになりましたが、それでも心臓に悪いのは間違いありません。
「大事なものはここ」という場所を確実に作ってあるので、かなりよくはなりましたが、それでも、本当に忘れ物は激しいわ記憶力は怪しいは、いろいろごめんなさい、な、私です。

片付け物はもちろん、苦手です。それでも、年をとって取り繕うことを覚えたというべきか、見た目だけは「それなり」にできるようになりました。だから、だいぶまし。前よりはまし。
でも、それでもあっちこっちと細かいところが整ってない。そんな私を見て育つ子供たち、そりゃぁ、整理整頓がうまくできないよなぁと、反省する今日この頃です。

と、いうわけで、私と子供の整理整頓べたについて、今日は書いてみようかなぁと思う次第です。




新旧忘れ物帝王なのです。


私は、忘れ物の帝王でした。ええ、小学校のころから高校まで、見事に。そして、高校に入るまでそこまでそれを苦にしてなかったというか、叱られてもそこまで気にしてなかったように思います。
もちろん、叱られるのはいやなのですが、叱られればそれでおしまいなのだし、と、どこかわれ関せずの別世界をみていたように思います。
高校受験で、忘れ物の多さが響いて内申点がボロボロだったという話は、過去にいつか書いたような気もしますが、そのせいで高校時代は多少、ええ、多少気にするようにはなりましたが、それでもあまり困らずに、それなりにやり過ごしていたように思います。
大学に入り、定期やなにやらを持ち歩くようになり、本気で困るようになって、鍵を落とさないように、とか、定期を落とさないように、とか、そういった身に迫った不安を何とかするために、忘れ物を減らしていったように思います。
それに、大学は提出物忘れたら単位なし、とか、割と普通だったりするので、それもよかったのかもしれません。

そして、いま。
息子が忘れ物の帝王です。伝え忘れ連絡忘れ書き忘れ、忘れとつくものなら任せとけ! というレベルで、やってくれます。
きちんと前日に用意し、朝ももっていくように伝え、持ってるところを確認して送り出したはずが、一瞬目を離したすきに玄関に置いていった、とか、そんなとんでもがあるようなレベルで、帝王です。
そのうち、ランドセル忘れた、とかやるんじゃないか、と、そんな風に思う私ですが、ずっと忘れ物をしてきて、いまだに油断すると書類の提出期限を度忘れする私としては、息子に小言を言うたびに自分に返ってくるという恐ろしい目にあいます。

ちなみに、上の期限を度忘れする、という文章を書いた瞬間に、明日提出の書類の存在を思い出し、あわてて書きました。
いかんいかん、最近ちょっと、メモがおろそかになっていた。反省。

そして傾向と対策


で。
元祖忘れ物帝王の私としては、何とかしたいわけですよ。
なので、なんとかしたいと、考えているのですが、できることと言えば目を配ることしかないわけで。
一緒にやる。あくまで、息子にさせるのですが、確認だけは一緒に。そうやって目を配っていくしかない。あとは、メモの活用。ただ、連絡帳を書くのもままならない息子君(書けないわけではなく、書き始めるのが遅い、そのうちにみんな片付けだすので書き終えずに閉じてしまう)、メモを書くことすらおぼつかない、むしろメモの字が読めないレベルなので、これは困った困った、なのです。

対策としては、リストを「私が」作って、チェックして、私が最後に確認をしてしるしをつける、かな。
上手くできたらシールかスタンプで、たまったらご褒美、かな?

このあたりを、ちゃんとなんとかしなきゃなぁ、と、思いながら、先送り後回しが得意技の私、ついつい手を付けないまま過ぎてしまいます。

そもそも、もしかしると、私が何をどうしていいのか、そこをまず整理するところからなのかもしれません。

できるようになるまで、というか、小学生の間に自分である程度できるようになれば御の字、くらいの長い目で、みていくしかないのかもしれません。

というか、そのくらいのつもりでやってけば、きっとなんとかなる! うん。

口だけでいったところで、できるわけはないんですよ。できる子はできるとしても、うちの子はできない、それは悪い事じゃなくってきっと個性なんだから、うちの子にあわせてやってくしかないんだろうな、と、思う次第です。

油断すると、二年生なのに、とか、ほかの子はできるのに、とか、発奮させようと言葉にしてしまうけれど、それこそ、成長は他の子と比べるものじゃないよな、と、反省中です。
前よりもできることが増えたなら、それをほめる。できなくなったらまた出来るように、一緒に確認する。
いたちごっこでも、たぶん同じことの繰り返しでうんざりになりそうでも、それでも、繰り返しこそが一番大事だろうな、と思います。

時間はあるのだから、腰据えて気合入れて、こどもたちに付き合う、そんな覚悟です。


それでも明るく元気だから


忘れ物が多く、気もあちこちに散りがちな息子君。それでも、勉強はできないわけじゃないし、友達と遊ぶのも楽しいみたいだし、学校自体に行くことは好きなようです。
外で元気に遊ぶし、一人でもご機嫌に遊ぶし、なんにせよ、にこにこと楽しく、元気でいられればそれが一番かな、と、思います。
もちろん、悪いところは直すべきだし、よい習慣を身に着けるように努力はしていく必要はありますが、こどもたちが毎日を楽しい、と、思えていれば、それでまずは十分だと思います。

甘やかすことはしませんが、甘えさせるときは甘えさせます。
しかりますが、抱きしめます。

正解なんてわからなくて、自信なんてこれっぽっちもなくて、でも、こどもは育っていくのだから、試行錯誤して、ママさんたちは頑張っているんだなぁと、しみじみ思います。

親のできることなんて、もしかすると限られているのかもしれないけれど、でも、だからこそ、できるだけのことはしたいな、と、思う私なのでした。


本日も、ここまで読んでくださってありがとうございました。
今日もいちにち、お疲れ様でした。

また、明日。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:ママのひとりごと。 | Genre:育児 |
Category:LIFE | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<[掌編]いつの日か | HOME | [日常]ちょっとGWをしてみよう!>>

初めてコメントします。

Awesomenote の使い方の記事からこちらのブログを知り、ちょくちょく拝見させていただいています。
コメントしようかどうか迷ったのですが、最近よく記事にされている「忘れ物」「片付けられない」「注意散漫」については「ADD/ADHD(注意欠陥多動障害)」の可能性があるのではないかとお見受けします。(ADDは他動がない場合です)
この障害…というか脳の特徴には長所もありますし、ご本人が困っていなくて自分で工夫して解決できるなら気にしなくていいのですが、もしご自分や息子さんのことで悩んだり解決できないという場合には、調べてみてもいいかと思います。
私も発達障害でADD特性がありますので、もしかしたらと思いコメントさせていただきました。
もうご存知だったりご迷惑だったら申し訳ありません。
これからもがんばって下さい。
- | U | URL | 2013.05.08(Wed) 00:19:04 | [EDIT] | top↑ |

Re: 初めてコメントします。

Uさま。
コメント、ありがとうございます。ADDについては、かなり疑ってかかってます。可能性としてはあるだろう、ということもあり、これから経過を見守りつつ、考えていかないとな、と、思っております。
awesomenote、いろいろまた記事を書きたい! と思いつつ、こんな状況で、わたわたしてます。かなり色合いが変わってきたブログですが、それでも、覗きにきてくださっていること、それが何よりうれしいです。ありがとうございます。なんにせよ、こどもも私も、少しでもらくになれるように、試行錯誤していきたいと思います。コメント、ありがとうございました。うれしかったです。ぼちぼちまいりますー。
- | 喜多美耶子 | URL | 2013.05.08(Wed) 23:03:05 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/1044-ec60325f


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...