RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[掌編]僕は君で、君は僕で

2013.03.26 Tue [Edit]

Mirror cat #2
Mirror cat #2 / crsan



「羨ましいよ、魔法が使えるなんて」

ため息をつきながら僕がいえば、同じく君はため息をつきながら答える。

「羨ましいよ、勉強して知識をそれだけ得られるなんて」

互いに目を見交わして、そして、苦笑する。

ないものねだり、なんてことは、わかってる。
それでも、こうして交流するたびに、お互いに口に出してしまうのは、しかたがないことなんだ。

僕と、君と。
交わるはずのない僕らが、こうして会話するようになって、もう既に10年になるのだろうか。




それは5才の時だった。
なにがきっかけだったのかはわからない。
あるとき、僕は、鏡の前で鏡の中の僕に、ひたすら話しかけていた。
白雪姫をみたせいだろうか。今となっては、はっきりとした理由を思い出すことは出来ないけれど、その時の僕は、真剣に、まじめに、鏡の中の僕へと、声をかけていたのだ。

その最中に、ぐらり、と、一瞬、まるで水面のように鏡が波打った。

まだ幼かった僕は、よくわからないながらも驚いて、よくよく鏡を見てみれば、鏡の中の僕も、じっと僕を見ていた。

けれど、よくみると、鏡の中の僕の後ろの風景が、僕の部屋のものではない。

一度振り返って、そして、僕は再び鏡を見る。

僕の部屋は、子供部屋だ。
可愛らしい動物などの壁紙は、鏡の向こうにはなくて、色合いがあっさりとしているのだけは理解できた。

どういうこと? と、僕がつぶやけば、鏡の中の僕が、驚いたように目をみはる。

え? と首をかしげる僕に、鏡の中の僕が問いかける。

君は、誰? と。

その時は理解できなかったけれど、それから度々会話をするようになり、僕らは次第に、互いを理解するようになる。

ごく普通の、機械文明ともいえる、文明世界の現代に生きる僕と。
鏡の向こうの、魔法世界といえる、これも大きくなって知ったのだけれど、いわゆる異世界といわれる場所にいる君。

魔法がつかえていいなぁ、といえば、そんなにいろんなことを学べていいなぁと、君がいう。

勉強が難しくてやだ、といえば、魔法を学ぶの苦手、と、君がいう。

いいなあいいなあ、と、互いに言い合いながらも、どこかで、相手がいうのならこれはいいことなんだろう、と、そんな気分になって、僕は勉強を頑張った。
今まで嫌で逃げてたから、次第に成績も落ち着いて、周りにもほめられるようになった。

嬉しくてそれを伝えたら、相手も、はにかんだように嬉しそうに、魔法頑張ったらほめられた、と笑う。

5年、6年、と、たつうちに、お互いの世界がいわゆる「異世界」と呼ぶことを知り、そのうちに、もしかして、と、互いに思い当たる。

次元が異なる、平行世界の自分、それがお互いなんじゃないか、と。

鏡の中の相手に出会ってから、僕はよく魔法が出てくるファンタジーや、いろんな小説を読むようになっていた。

その中で、SFも読むようになり、中学に上がる前にそんな風に思うようになった。

鏡の中の君に、興奮気味にそれを伝えて、君も驚いて目を見はって。

それから、嬉しそうに笑った。


「僕は、君で。君は、僕なんだね」

それからも、時折、彼と鏡で会話をするようになり、僕は魔法の概念や精霊や様々な異世界の知識を、彼は算数・数学や、自然科学などの知識を、お互いにやり取りするようになった。

お互いに、これは他の人に行ってはならない知識だ、と、理解していた。
二人だけの秘密だ、と、それなりに大きくなっても、楽しく感じていたものだ。

やがて、僕は物語を綴るようになり、君は僕の知識を元に、様々なことを改善するようになっていく。

5才のときに出会って、10年。15になった僕は、高校生になり、そして君は、成人となる。

これから街の発展のために、尽くすのだと笑う相手に、一足先にオトナになられたような気がして、悔しく思ったものだ。

僕と君は、同じであって、けれど、全く同じではなかった。

けれど。

僕は君で、君は僕で。

僕はまた、鏡の前で君と会話をする。


いつかは無くなってしまうかもしれないけれど、それでも。

僕は、鏡の前で、微笑むのだった。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 





スポンサードリンク

Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<[掌編]僕と君とマカロンと。 | HOME | [掌編]それは夢に違いない。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://angelgardens.blog47.fc2.com/tb.php/1003-3d03f736


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。