RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[掌編]3.運命に弄さるる者

2012.06.08 Fri [Edit]
この手のひらに、もう一度掴むことが出来るならば。
私は決して、もう二度と手放さなすことはないだろう。

――遠い遠い夢の記憶。

月見 2
月見 2 / technicallyandrew



窓の外を見つめる。
放課後の教室、既に他に誰も残っていないそこは、窓から差し込む夕日で赤く照らされていた。

窓の外には夕焼けの空、部活の片付けを始めた生徒たち、揺れる木の葉、ごくありふれた光景。

――ありふれた光景、が、どれほど貴重で愛しいものなのか、私は知っている。

空にあるのは夕焼け色に空を染めるひとつの太陽と、既にうっすらとのぼった月。



スポンサーサイト

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。