RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[物語]05. 階段でキスの高さ調整

2012.01.23 Mon [Edit]
デートした。
誘われたから、デートした。

別に、誘われたら誰とでも出かけるわけじゃ、ない。
でも、映画にさそわれて、一瞬びっくりしたけど、考えるまもなくうなづいてた。

――つまり、私のきもちは、そういうこと。

デートだね、とか、笑うから。
誂われてるのかな、とか、思ったけど。

少しだけ、赤く染まった耳元がみえたから。
つられてあかくなりそうで、ちょっとだけこまった。

お店の定休日は、隔週の火曜日。

その日に、出かけることに、なって。

前の晩、私は、どこの中学生!? てな勢いで、洋服を取っ替え引っ替えして。
持ってる服が、選んでるとはいえ微妙にティーンズブランドなせいで、子どもっぽいきがしてちょっと落ち込んでみたり、それでもと必死であれこれくみあわせてみたり、頑張った。

――ああ、もう、我に返ると、結構恥ずかしいものですよ。



スポンサーサイト

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:オリジナル小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。