RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[更新]メリークリスマス!~イベント小説、アップしました。

2013.12.24 Tue [Edit]
変わる季節を、君と





何年前かな。2年まえかな? に書いたクリスマス小説があります。
お題を元にひたすら書く、というワタシ的修行をしていた頃の作品です。
実は、このカップルが、私は書いていて大好きで大好きで。時々、イベント事にぽつぽつと、ブログでも掌編を公開しておりました。

去年のクリスマス、これを独立させたいなぁと、思いながらも、ぐずぐずしてたらクリスマスが終わってたりして。

で。

今年こそ、というわけで。12/23~25朝まで、連続公開という形で、独立させて、小説家になろうというサイト様に、投稿させていただきました。


今日は、そんなご報告です。




スポンサーサイト

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:物書きのひとりごと | Genre:小説・文学 |
Category:創作関連 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

[メモ]Dropboxで大事なテキストを保存しよう

2013.11.21 Thu [Edit]
Dropbox
Dropbox / ilamont.com


小説を書いていると、そのデータの保存でいつも、頭を悩ませます。

基本、ハードディスクの中に保存してれば問題ないのですが、それだと、PCがクラッシュしたときにすべてのデータを失ってしまうという悲しい現実が。

10年前後前、それで数度悲しい思いをした記憶がある私です。

昔は外付けHDを買う財力もなく(今もあるとは言えませんが)、フロッピーディスクや奮発して某パソコンショップで朝1にじゃんけんで勝つと安く買えるときに買ったMOだとか(懐かしい)、割りと最近ではスティック型のUSBなんかに保存してきたのですが、ここ最近、まともに外部媒体に保存しなくなりました。

何故か。

Dropboxに全部、保存しているからです。




web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Category:雑記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

[創作]投稿サイトの小説を一旦非公開にしようかという話

2013.11.16 Sat [Edit]
喜多美耶子




「小説家になろう」というサイト様で小説を公開し始めて、早2年くらい(たぶん)。

最近、あちこちのレーベルから書籍化される作品が増えて、新人賞なんかもあってたりして、ほえー、すごいなー、と、眺めている今日このごろ。
すごいよなー、賑やかだよなー、盛り上がってるなー、なんて思いつつ。

私は。

完結できない作品が1個と、尻切れトンボというか何とかひねり出して終わらせたのとか、掌編集とか掌編があれこれとおいてあるのですが。

ちょっとごちゃっとしすぎてる感じなので、整理整頓したいなと思う、今日このごろ。




web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:物書きのひとりごと | Genre:小説・文学 |
Category:創作関連 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

[創作]一日一本、プロットをかいてみて、挫折する。

2013.10.26 Sat [Edit]
しょんぼりこてん
しょんぼりこてん / yoppy



ちょっと前まで、私は1日1本、プロットというかシナプシスというか、小説のネタをひねり出しておりました。
ええ、文字通りひねり出す。
○○が○○して○○になる話。といった感じのものを、ひたすらひねり出す。
できるだけ詳細にメモしつつ、ひねり出す。

良い訓練になったなぁと思う反面、私の引き出しはあまり広くないんだなぁと、しみじみしてしまったのは秘密です。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:物書きのひとりごと | Genre:小説・文学 |
Category:創作関連 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

[掌編]恋心のゆくえ

2013.10.24 Thu [Edit]
Rain / Tree
Rain / Tree / diongillard



「彼と、付き合えそう、なんだ」

そう、彼女はつぶやいた。

秋の雨が静かに、校庭に降り注ぐ。教室の窓越しに、それを見つめていた僕は、一瞬、どう答えればいいかわからなくて、少しだけ、会話に間が開いてしまう。

「……そっか」

良かったな、と、続けるべきだ、って、わかってはいた。
わかっていたけれど、その言葉が、僕の唇からこぼれることはなくて。

窓の外、雨に濡れる、色づき始めた木々の葉を眺めて、僕が絞り出せたのはたった、その一言で。

「……うん」

ガラスに映る、彼女の黒髪が、さらりと揺れて。
僕を見ているらしい、その、目が、どこか、悲しそうに揺らいで見えたのは、きっと。

僕の、願望がそう感じさせたに違いない。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:ショート・ストーリー | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。