RSS|archives|admin
HOME  ◇ IT ◇ LIFE ◇ 雑記 ◇ 創作関連 ◇ 掌編小説 ◇ 小説目次 ◇ Twitterログ

スポンサーサイト

--.--.-- -- [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

[掌編]混ぜると危険!? な恋愛ゲーム

2013.04.30 Tue [Edit]
Cat butler
Cat butler / tanakawho


夢をみた。
夢の中で私は、長テーブルの前におかれた椅子に座っていた。
向かいには、数名の人影。
人影があるのはわかるのに、なぜかあたりが白んでいて、そこに何人の人がいるのか、どんな格好をしているのか、どんな顔なのか、が、全く分からない。

わからないけれど、一つだけわかることがある。

これは面接だな、と、いうこと。

何かの面接を、私は受けているようだ。

質問を投げられ、名前に趣味に、好きなもの嫌いなもの、多少突っ込んだ嗜好について、と、次々に投げられる質問に、一つずつ答えていく。

やがて、最後の質問です、と、投げられた言葉に、私は、笑顔で答えた。

私の、最大の萌えと、愛を集約した、大好きな存在のことを。




スポンサーサイト

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

[掌編]残されたひとり。

2013.04.26 Fri [Edit]

Left alone
Left alone / Racchio



「私は、帰りません」

そして、一歩、後ろに下がる。

「なっ、どうして?!」

驚いたような顔で私をみる幼馴染、それに、親友だった子、それから、先輩。
どの顔も、信じられない、と、言わんばかりの色に、それぞれ、怒りと、悲しさと、驚きと、微かな歓喜を浮かべて、こちらを見ていた。

だから、私は微笑む。

最高の笑顔を覚えていて欲しいから。

「さようなら、みんな」

どうか、両親に、家族に、伝えてください。
私は幸せなのだ、と。

「まて、一緒に――!」

悲痛に叫ぶ、幼馴染の声と、飛び出そうとするその幼馴染を引き止める、親友だった彼女の姿と、どこか悲しげに、諦めの色とともに笑顔を浮かべる先輩の姿を最後に、彼らの立っている場所の下にあった魔法陣が、強く輝く。

――そして、私は、ひとり、この世界に残ったのだった。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

[掌編]それでも私は歌い続ける。

2013.03.10 Sun [Edit]

Luis Beltrán
Luis Beltrán / ceslava.com



歌が好きだった。
特に童謡や唱歌なんかが、子供の頃からずっと大好きで、気がつくといつも口ずさんでいた。
無意識に歌っていたそれらは、年を経るにつれて、周りから変な人を見るような視線や、もしくははやりの歌でもない童謡を口ずさむなんて、という視線に、あまりよろしいことではないと気づいて、少しずつ意識して減らしていった。

けれど、それでも、童謡が好きだった。唱歌が好きだった。
はやりの曲も、歌えないわけじゃないけれど、私は、幼い頃に母から教わったそれらの曲が、なによりも大好きだったのだ。


だから、いまでも、そっと口ずさむ。
仕事の合間に、前まで住んでいたところとは違う、それよりもなお深い青と様々なものの飛び交う空を眺めて、ひとりしずかに、歌い続けるのだった。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

[掌編]紳士な彼と異世界の私

2013.03.07 Thu [Edit]

Lolita
Lolita / Marianoff



目覚めたら、全く知らない世界に、全く知らない姿で、存在していた。

これって、異世界トリップ? 転生トリップ?

呆然と空を見上げてたら、やってきたキラキラしいのになんか変な気配の男性に、さっさと帰るぞ、と、手をひかれて家に帰った。

家では、母と姉が、目をハートマークにしてお礼言ってた。
そんで、私の今の姿より年上の少女に、もんのすごい嫉妬の目で睨まれた。

なんでだ。

っていうか、一体、なにが起こってるんだ? と、首をかしげた。

それが、半年前の事だった。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加 




Theme:自作小説 | Genre:小説・文学 |
Category:掌編小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。